2017年02月28日

ビルジニア・ラッジ

英国のEU離脱についてです。 今回の国民投票→英国のEU離脱という事象を受けて、英...

英国のEU離脱についてです。 今回の国民投票→英国のEU離脱という事象を受けて、英語や中国語などのサイトも含め、週末に少しネットサーフィンかけてみました。 例によってレペルは玉石混交 ですし、明らかに世論誘導だなと思われるモノも少なくありませんでしたが、中にはなるほど!と思わせるモノもありました。 キーワードとしては、社会的分断とかナショナリズムという言葉が気になったのですが、 現実問題、グローバリズムが行き詰まっており、その反動としてのナショナリズムであるとか、社会的分断が、経済発展の恩恵を享受出来る層と出来ない層への分化を深刻にしており、今回の事象は…という説明にはかなり説得力を感じました。 手短に表現すると、世界はグローバリズムからナショナリズムへ移って行くのかなとも感じましたけど、 これは1930年代のブロック経済圏の事も想起させるので不安も感じます。 外為相場、株式市場、といった短期的な視点ではなく、長期的視点でグローバリズムやナショナリズム、あるいは移民労働者と雇用や社会保障などといった観点で、強く感じていることを伺いたいと思いました。 宜しくお願い申し上げます。(続きを読む)



24年夏季五輪は消滅の危機 次の東京が最後の五輪になる?

... 【藤山健二の独立独歩】東京五輪の次の24年夏季大会に立候補していたハンガリーのブダペストが、ここへ来て招致断念を発表した。同大会の開催地は9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まるが、直前になってブダペストが断念したことで、残る候補地はパリと (続きを読む)






























posted by sikou at 18:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: