2018年10月04日

教育勅語について 家族国家観による忠君愛国主義と儒教的道徳であり 教育の根本は...

教育勅語について 家族国家観による忠君愛国主義と儒教的道徳であり 教育の根本は...

教育勅語について 家族国家観による忠君愛国主義と儒教的道徳であり 教育の根本は皇祖皇宗の遺訓とされた 忠君愛国を国民道徳として強調しており第一回帝国議会の開会直前に発布 学校教育で国民に強制され、天皇制の精神的・道徳的支柱となった 特に注意を引く文献として 進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ (広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう) 常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ (法令を守り国の秩序に遵いましょう) 一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ (国に危機が迫ったなら国のため力を尽くし それにより永遠の皇国を支えましょう)wikipedia.より 教育ニ関スル勅語 仕事をするのは自分の為ではないのか? 自分が幸せになる為ではないのか? 国民、個々が幸せになって国が安定するのではないのか? 国民、個々が幸せになって社会も安定するのではないのか? 国の秩序なら、どんな事も従わなければならないのか? 国が戦争遂行したなら国民も動員するのは当然か? 国は危機をもたらさない努力はしなくて良いのか? 国に危機をもたらした原因は度外視か? どこに国民主権があるのだ? 親、夫婦、姉妹、兄弟、友人、仲良くするのは当たり前ではないか? 仲良くできないなら、仲良くできる方法を考えるのではないか? 仲良くできない理由、事情が個々にあるのではないのか? 個々それぞれ仲良くできる方法が違うのではないか? 個々に合った方法を考えていくのが個人の尊重ではないか? 日本国民、皆、一緒くたか?(続きを読む)



This RSS feed URL is deprecated

This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news(続きを読む)





posted by sikou at 13:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: